産科医で働くなら助産師の資格も

スキルの高い看護師へ!山梨県の求人情報

山梨の看護師にお届けするスキルアップできる求人の探し方!


ここでは、産科医で働くために求められる助産師の資格について紹介します。

産科医不足を解消できる助産師に

笑う赤ちゃんのイメージ写真いのちの誕生に立ち会える産婦人科、産科で働きたいのなら、助産師の資格を取得するとよいでしょう。
助産師の仕事は、産科・産婦人科においてお産の介助をおこないます。産科には多くの看護師が勤務していますが、赤ちゃんを取り上げたり、へその緒を切ったりするのは助産師にしかできません(産科医はもちろんできますが)。それ以外にも、産後のケアもおこないます。妊婦さんの精神的な支えになるのも助産師の役割と言っていいでしょう。

産科医不足の近年では、産婦人科に勤務するのではなく助産師外来といって、産科医のように正常な妊娠の経過をたどっている妊婦さんにエコーを当てて赤ちゃんの様子や状態をチェックする仕事もあります。

赤ちゃんは産科医の先生が取り上げるから、この資格は必要ないのでは?と思うかもしれません。ですが、近年は産科医不足が深刻で、全国的に産科・産婦人科の数が少なくなっています。そのため、今、赤ちゃんを取り上げ、へその緒を切る資格のある助産師が非常に必要とされ求人情報も増えてきています。
また、妊婦さんにとっても大きな心の支えになります。同じ女性、または出産を経験した助産師のアドバイスは産科医の男性ではとてもできないことです。同じ痛み、苦しみ、そして喜びは女性同士にしか分かりません。そういった精神的な支えができる助産師は、もしかすると産科医の男性よりも必要かもしれません。

助産師になるには

1.看護師の資格を取得
2.助産師養成所または看護短大専攻科、看護大学に編入し必要な単位を取得
3.国家試験に合格

<国家試験の概要>
受験資格:
①文部科学大臣指定の学校で1年以上助産に関する学科を修了したもの
②厚生労働大臣指定の助産師養成所を卒業したもの
③外国の助産師学校または養成所を卒業、もしくは外国での助産師免許に相当する免許を取得しているもので、受験資格①、②と同等以上の知識と技能をもっているもの
日程:年1回 毎年2月中旬の木曜日
会場:北海道、青森、宮城、東京、愛知、石川、大阪、広島、香川、福岡および沖縄
費用:受験手数料5,400円(受験願書に貼り付け)
申請書受付:11月中旬から12月中旬頃(毎年異なる)まで試験地を管轄する地方厚生局に提出
試験科目:
・基礎助産学
・助産診断・技術学
・地域母子保健
・助産師管理
試験時間
《午前》一般問題(40問)状況設定問題(15問)75分間
《午後》一般問題(35問)状況設定問題(20問)80分間

<過去5年間の合格率>※合格基準は6割以上の正解率

回数(実施年度) 合格率 受験者数 合格者数
第91回(平成20年) 98.1% 1,722 1,690
第92回(平成21年) 99.9% 1,742 1,741
第93回(平成22年) 83.1% 1,901 1,579
第94回(平成23年) 97.2% 2,410 2,342
第95回(平成24年) 95.0% 2,132 2,026

Copyright © スキルの高い看護師へ!山梨県の求人情報. All Rights Reserved.