看護師が疲労を蓄積させないために

スキルの高い看護師へ!山梨県の求人情報

山梨の看護師にお届けするスキルアップできる求人の探し方!


ここでは、ハードな仕事である看護師の疲労を蓄積させない方法を紹介します。

看護師の約70%が疲労を感じている

休日にのんびりする女性のイメージ写真看護師の仕事がハードであるということは、昔から3Kといわれるほどなので、誰もが知る事実でしょう。
実際に日本医療労働組合連合会が現場で働く看護師や保健師を対象におこなったアンケートによると、約70%の人が「疲労が蓄積している」と答えているのです。
さらに、その疲労が原因で健康上に不安があるという人は約60%にものぼるのです。
もちろん、他の業種の方々でも疲労がたまっている人はいるでしょう。工事関係の仕事であれば、肉体的疲労、営業職の人はメンタル的な疲労、中間管理職の人はストレスによる疲れなどもあります。
看護師の場合、疲労にはさまざまな理由が重なっていることが多いのです。こういった疲労を回復しないで仕事を続けていると、自分の身体のためだけでなく、患者さんにも悪影響を及ぼすことになりますし医療ミスにつながることもあります。

☆看護師の疲労の原因

・残業や夜勤、患者さんの体位変換などによる肉体的疲労
・患者さんの命を扱っているという精神的負担
・医師や同僚、患者さんなどいろいろな人がいる職場なので、人間関係のトラブル
・家事や育児も一緒にしなければいけないという負担
・一般の友達と休みが違うので、ストレスも発散できない
・生活習慣の乱れからくる疲れ

疲労を蓄積させない方法は?

疲労を蓄積させないためには、まず自分にはどのような疲労がたまっているのかを見極めることからはじめましょう。それによって対処策が変わってきます。

◎肉体的疲労
疲労の原因が体力的な面であれば、定期的に有給休暇などを利用して休息をとることが大切です。
また、休みを利用して温泉などに出かけてみるのもよいでしょう。山梨県内には疲労回復におすすめの温泉がたくさんありますからね。また、少しずつ運動して体力をつけるのもおすすめです。

◎精神的疲労
精神的疲労がある人は、自分なりのリラックス方法、ストレス解消方法をみつけることです。
エステに出かけるのもよいですし、趣味に没頭するのもひとつ。友達と休みが合わない場合でも一人でできるストレス発散方法を見つけてみましょう。

◎家事や育児との両立での疲れ
家事や育児をしながら看護師の仕事をするのは、精神的にも肉体的にも大変です。これを解消するのは自分一人では難しく、パートナーや同僚、病院側のサポートが必要となります。
まずはパートナーと話し合うこと、また有給休暇や育児休暇、短時間勤務などを病院側と交渉するのも一つの方法です。

このように、疲労を蓄積させないためには、その疲労の原因をいち早く見つけ出すことです。
ですが、場合によっては上記の解決策も効果がない、できない、という看護師もいるでしょう。
そんな時には看護師転職サイトなどを利用して病院や施設を変えるというのも選択肢の一つに入れてみてください。
また、看護師転職サイトによっては、看護師の悩みや相談に乗ってくれるコンサルタントもいますから、転職云々よりもまずは相談してみてもいいでしょう。

Copyright © スキルの高い看護師へ!山梨県の求人情報. All Rights Reserved.